ホーム個人のお客さま > 商品・サービス > 発電・省エネ

商品・サービス

発電・省エネ

地球環境とお財布にやさしい、ガスを使った節電・創電システムをご紹介します。

エネファーム

LPガスで電気とお湯を作るエネファーム。大きな節電効果で、豊かな暮らしを実現します。

エネファームのしくみ

水素と酸素を結合させ電気をつくる

水の電気分解は電気エネルギーを使って自然には起こらない化学反応(水素と酸素の分離)を起こさせるしくみです。一方、燃料電池はその逆の反応(水素と酸素の結合)を利用して電気エネルギーを取り出す装置です。つまり、水素と酸素を用意してあげれば結合して電気(同時に熱)が生まれるしくみです。しかし、水素は自然界に単独ではほとんど存在しないため、どこからか取り出してこなければなりません。それがLPガスです。LPガスを水と反応させると効率的に水素を取り出すことができるのです。

発電の原理

<水の電気分解>

水に電気を流すと、
水素と酸素に分解されます。

<燃料電池>

水素と酸素を化学反応させると、
電気と熱が発生します。後には水ができます。

エネファームができること

1台で発電・給湯・お風呂・暖房すべてOK

エネファームはマイホーム発電で電気をつくることができるほか、従来の給湯器のようにキッチンやシャワーでお湯が使え、お湯張りもワンタッチ。さらに、バックアップ給湯器が内蔵されているので、温水床暖房やミスとサウナ浴室暖房乾燥機など家じゅうに温水設備を設置することができます。

※エネファームなら、一般的なご家庭で消費する電力の約60%をを補うことができます。不足分は電力会社からの電気で補われます。

マイホーム発電のメリット

無駄をなくすのがマイホーム発電

マイホーム発電のメリットは、電気を使うその場所でつくることによってエネルギーを無駄にせず上手に利用することができる点です。電力会社でつくる電気はご家庭からはるか離れた場所でつくられるので、発電時の排熱や送電ロスなどで約60%も無駄にしています。これをマイホーム発電にすることにより、送電ロスがなくなり、発電時の熱もお湯づくりに効率的に活用できます。結果としてエネルギーをほとんどむだにすることなく、約93%のエネルギー利用効率を達成しました。

※ご家庭での使用状況により効率は変化します。

従来システムと「エネファーム」のエネルギー利用率比較

効率的だから、CO2の排出量も軽減

エネルギーを無駄なく効率的に利用すること、LPガスならではのクリーン性、LPガスを燃やさず利用する燃料電池ならではの原理から、エネファームは従来の発電システムに比べて大幅にCO2排出量を削減できます。その量は、年間で1.5トン。杉の木約108本が1年間に吸収できるCO2に相当します。

1年間にできるCO2排出削除の量

学習機能で家庭に合わせた省エネ運転

設置されたご家庭の1日の電気とお湯の使用パターンを学習し、最適な省エネ運転を自動的に行ないます。発電時の排熱でつくったお湯が貯湯ユニットに満タンになると、自動的に発電を中止するので排熱が無駄になりません。

エネファームの発電・給湯イメージ

自立運転機能とは・・・?

エネファームの発電運転中に停電しても、エネファームが運転を停止せずに動き続け、発電した電気を専用コンセントを通じ、ご家庭で使えるようにする機能のことです。これまでのエネファームに加え、この自立運転機能を搭載したエネファームが、新たにラインナップに加わりました。停電時にも電気やお湯をご使用したいご家庭では、自立運転機能付きエネファームをご選択ください。

<自立発電イメージ図>

<自立運転時に使用できる家電製品例>

※①自立運転時に使用できる電気出力は最大350W(100V)です(貯湯ユニットでの消費電量を含みます)。
※②最大700Wまでご使用が可能となるオプション品もございます。
※③寒冷地仕様機では最大700Wまでご使用が可能です。
※④停電時に一般的に必要とされる照明や、情報収集に役立つTVやパソコン、携帯電話の充電などにご使用いただけます。

エネファームについて、さらに詳しいご説明をいたします。
当社担当者までお問い合わせください。

緊急時の連絡先