ホーム個人のお客さま > レシピ集 > 和食 > 鶏の照り焼き丼

レシピ集 和食

鶏の照り焼き丼

フライパン1つでできる手軽さとスピーディさが魅力。冷めてもおいしいので、お弁当にもぴったりです。

1

鶏肉は余分な脂を取り、フォークで皮側から全体をまんべんなく突いておく。Aの材料を合わせておく。

2

フライパンに油を熱し、皮を下にして1の鶏肉を入れ、中火〜弱火でこんがり焼く。身側も同様に焼き上げる。途中、ししとうとしめじを加えて火が通るまで焼いて取り出しておく。

3

フライパンの油を捨て、Aを回し入れて鶏肉の両面にタレをからめるようにしながら、半量ほどになるまで弱火で煮詰める。

4

鶏肉をまな板に上げて、食べやすい大きさに切り分ける。

5

丼に盛ったご飯に鶏肉をのせて2のししとうとしめじを添え、フライパンに残ったタレをかけ回して供する。

材料(2人分)

鶏もも肉(大):1枚
ししとう:4本
しめじ:適量

〈タレの材料 A〉
しょうゆ:大さじ2
砂糖:大さじ1
みりん:大さじ2
酒:大さじ2
サラダ油:小さじ2
ご飯:丼に軽く2杯分

ONE POINT

*あらかじめ鶏肉をフォークで突いておくことで、火の通りや味のしみ込みがよくなり、
 また皮が縮んでそり返るのも防げます。
*お好みで粉山椒か七味唐辛子を振ってもよいでしょう。

緊急時の連絡先