ホーム個人のお客さま > レシピ集 > 和食 > 鮭といくらの親子丼

レシピ集 和食

鮭といくらの親子丼

鮭といくらをたっぷり使ったご馳走どんぶりです。ごはんは酢飯にして、さっぱりと仕上げます。

1

酢と砂糖、塩を火にかけて煮溶かし、合わせ酢を作って冷ましておく。

2

鮭の切り身に酒を振ってしばらく置く。

3

2の水気をふいてからガスコンロのグリルでこんがりと焼き、皮と骨を除いてほぐす。

4

ボウルに炊き立てのごはんを入れ、合わせ酢を少しずつ回し入れながら、しゃもじでよく混ぜる。ほぐした3の鮭を加え、さっくりと混ぜ込む。

5

4の酢飯を丼などに盛り、いくらと、細切りにした大葉をのせる。

材料(4人分)

ごはん:2〜2.5合分
甘塩の鮭:2切れ
いくら(しょうゆ漬けでも):100〜120g
大葉:3〜4枚
酒:大さじ1

<合わせ酢の材料>
酢:大さじ3
砂糖:小さじ2
塩:小さじ1

ONE POINT

*鮭といくらの塩気が強い場合は、上記のレシピでおいしくいただけます。塩気が物足りない場合は、
 しょうゆにめんつゆを少し加えたものを用意してもよいでしょう。
*鮭は、瓶詰めのフレークでもOKです。薬味には、わさびや白髪ねぎがよく合います。

緊急時の連絡先