明日を灯すHOME&LIFE

すっきりお洗濯

2019年9月02日
すっきりお洗濯

洗濯槽の裏は、放っておくと汚れがビッシリ! マメにお掃除を

見えないところにカビや雑菌!

洗濯したてなのに何となく衣類が臭ったり、黒っぽいカスのようなものがついていたら、洗濯槽が汚れているサインかも。一見キレイなようでも、見えない裏側にはカビや細菌などの汚れがビッシリ……ということがよくあるのです。

いつも湿気のある洗濯機の中は、カビや雑菌の生えやすい環境です。しかも、洗剤のカスや衣類の皮脂汚れなど、カビのエサになるものも揃っているのでご注意を!

毎日の習慣でも、カビを防ぐことができます。湿気がこもらないよう、洗濯後は洗濯機のふたを開けたままに。洗剤や柔軟剤の入れ過ぎも、カビのエサを増やすことになるので適量を使いましょう。

月に1回掃除するといつも爽やか

洗濯槽の汚れは、長時間放っておくとこびりついて落ちにくいもの。1~2ヵ月に1回程度を目安に、専用の洗濯槽用クリーナーや漂白剤、重曹などを使ってお掃除するのがオススメです。

漂白剤には「塩素系」と「酸素系」のものがあります。両方を混ぜると有毒ガスが発生する可能性があり危険ですので、絶対に避けてください。必ず、使用上の注意を確認しましょう。

基本のお掃除法
衣類は入れずにお湯を溜め、クリーナーを入れて数時間つけ置きます。その後、洗い→すすぎ→脱水をするのが基本ですが、「槽洗浄」「つけ置き洗い」のコースがあれば利用してください。

お掃除の方法は、洗濯槽の材質や、タテ型とドラム式、洗濯機のメーカーなどによっても少し違います。洗濯機の取扱説明書もしっかりチェックして、洗濯槽の裏側までさっぱりキレイに!

HOME & LIFE トップへ